リロケーションとは

リロケーションは移転、配置転換という意味があります。
英語で表記するとrelocationです。
今日本でもリロケーションを考慮する方が多くなっていますし、リロケーションを専門に扱う会社なども出てきています。
例えば、海外転勤でほかの地域のマンション等で賃貸するため、自分が保有している住宅が空き家になる、この際、一定期間自宅を賃貸する事を、リロケーションといいます。

以前は一度住宅などを賃貸すると法律上の問題もあり、返還してもらえないなどがあり、自分が保有している住宅が空き家になってしまっても、人に貸すという概念がありませんでした。
しかし、それを大きく変えたのが、平成12年3月に施行となった「定期借地権」です。
この法律によって、住宅を人に貸した時、一定期間経過後契約終了ができるという事が可能となりました。

法律改正以前は、他人に留守宅を賃貸するということが、その後、トラブルに発展する可能性もあるという事でなかなかできずにいたのですが、空き家にしておくのはもったいないです。
大手企業にお勤めの方が海外転勤によって他の地域に行くため空き家になるという場合、法人として留守宅を借り上げて社員に出す、という借り上げ社宅制度という制度を実施しているところもありましたが、本当に大手企業のみです。

現在は、借地法、借家法に関して大幅な法律改正があり、空き家をリロケーションするという考えが広まっています。
現在はリロケーション全盛時代といわれています。
当サイトはリロケーションとはどういったことなのか、どういった歴史があるのかお知らせするサイトです。
リロケーションに興味がある方のお力になれたら幸いです。